常に禁止される物質

もし物質や方法がこの禁止表で明確になっていない場合は、あなたの国のアンチ・ドーピング機構に必ず確認して下さい。

全て拡大 全て縮小
  • S0. 無承認物質

  • 禁止表の以下のどのセクションにも対応せず、人体への治療目的使用が現在どの政府保健医療当局でも承認されていない薬物(例えば、前臨床段階、臨床開発中、あるいは臨床開発が中止になった薬物、デザイナードラッグ、動物への使用のみが承認されている物質)は常に(競技会(時)および競技会外)禁止される。
  • S1. 蛋白同化薬

  • 蛋白同化薬は禁止される。

    1. 蛋白同化男性化ステロイド薬(AAS)

    a. 外因性* AAS;例として以下の物質がある。

    • 1-アンドロステンジオール(5α-アンドロスタ-1-エン-3β, 17β-ジオール)
    • 1-アンドロステンジオン(5α-アンドロスタ-1-エン-3, 17-ジオン)
    • 1-テストステロン(17β-ヒドロキシ-5α-アンドロスタ-1-エン-3-オン)
    • 4-ヒドロキシテストステロン(4, 17β-ジヒドロキシアンドロスタ-4-エン-3-オン)
    • 19-ノルアンドロステンジオン(エストラ-4-エン-3, 17-ジオン)
    • ボランジオール(エストラ-4-エン-3β, 17β-ジオール)
    • ボラステロン
    • ボルデノン
    • ボルジオン(アンドロスタ-1, 4-ジエン-3, 17-ジオン)
    • カルステロン
    • クロステボール
    • ダナゾール([1, 2]オキサゾロ[4’, 5’:2,3]プレグナ-4-エン-20-イン-17α-オール)
    • デヒドロクロロメチルテストステロン(4-クロロ-17β-ヒドロキシ-17α-メチルアンドロスタ-1, 4-ジエン-3-オン)
    • デスオキシメチルテストステロン(17α-メチル-5α-アンドロスタ-2-エン-17β-オール)
    • ドロスタノロン
    • エチルエストレノール(19-ノルプレグナ-4-エン-17α-オール)
    • フルオキシメステロン
    • ホルメボロン
    • フラザボール(17α-メチル[1,2,5]オキサジアゾロ[3’,4’:2, 3] -5α-アンドロスタン-17β-オール)
    • ゲストリノン
    • メスタノロン
    • メステロロン
    • メタンジエノン(17β-ヒドロキシ-17α-メチルアンドロスタ-1, 4-ジエン-3-オン)
    • メテノロン
    • メタンドリオール
    • メタステロン(17β-ヒドロキシ-2α, 17α-ジメチル-5α-アンドロスタン-3-オン)
    • メチルジエノロン(17β-ヒドロキシ-17α-メチルエストラ-4, 9-ジエン-3-オン)
    • メチル-1-テストステロン(17β-ヒドロキシ-17α-メチル-5α-アンドロスタ-1-エン-3-オン)
    • メチルノルテストステロン(17β-ヒドロキシ-17α-メチルエストラ-4-エン-3-オン)
    • メチルテストステロン
    • メトリボロン(メチルトリエノロン、17β-ヒドロキシ-17α-メチルエストラ-4, 9, 11-トリエン-3-オン)
    • ミボレロン
    • ナンドロロン
    • ノルボレトン
    • ノルクロステボール
    • ノルエタンドロロン
    • オキサボロン
    • オキサンドロロン
    • オキシメステロン
    • オキシメトロン
    • プロスタノゾール(17β- [(テトラヒドロピラン-2-イル)オキシ] -1’H-ピラゾロ[3',4':2,3] -5α-アンドロスタン)
    • キンボロン
    • スタノゾロール
    • ステンボロン
    • テトラヒドロゲストリノン(17-ヒドロキシ-18a-ホモ-19-ノル-17α-プレグナ-4, 9, 11-トリエン-3-オン)
    • トレンボロン(17β-ヒドロキシエストラ-4,9,11-トリエン-3-オン)
    および類似の化学構造又は類似の生物学的効果を有するもの。  

    b. 外因的に投与した場合の内因性** AAS:

    • アンドロステンジオール(アンドロスタ-5-エン-3β, 17β-ジオール)
    • アンドロステンジオン(アンドロスタ-4-エン-3, 17-ジオン)
    • ジヒドロテストステロン(17β-ヒドロキシ-5α-アンドロスタン-3-オン)
    • プラステロン(デヒドロエピアンドロステロン、DHEA、3β-ヒドロキシアンドロスタ-5-エン-17-オン)
    • テストステロン
    および以下の代謝物と異性体が含まれるが、これらに限定するものではない:
    • 3β-ヒドロキシ-5α-アンドロスタン-17-オン
    • 5α-アンドロスタン-3α, 17α-ジオール
    • 5α-アンドロスタン-3α, 17β-ジオール
    • 5α-アンドロスタン-3β, 17α-ジオール
    • 5α-アンドロスタン-3β, 17β-ジオール
    • 5β-アンドロスタン-3α, 17β-ジオール
    • 7α-ヒドロキシ-DHEA
    • 7β-ヒドロキシ-DHEA
    • 4-アンドロステンジオール(アンドロスタ-4-エン-3β, 17β-ジオール)
    • 5-アンドロステンジオン(アンドロスタ-5-エン-3, 17-ジオン)
    • 7-ケト-DHEA
    • 19-ノルアンドロステロン
    • 19-ノルエチオコラノロン
    • アンドロスタ-4-エン-3α, 17α-ジオール
    • アンドロスタ-4-エン-3α, 17β-ジオール
    • アンドロスタ-4-エン-3β, 17α-ジオール
    • アンドロスタ-5-エン-3α, 17α-ジオール
    • アンドロスタ-5-エン-3α, 17β-ジオール
    • アンドロスタ-5-エン-3β, 17α-ジオール
    • アンドロステロン
    • エピジヒドロテストステロン
    • エピテストステロン
    • エチオコラノロン

    2. その他の蛋白同化薬;

    例として以下の物質があるが、これらに限定されるものではない:

    • クレンブテロール
    • 選択的アンドロゲン受容体調節薬(SARMs:アンダリン、オスタリン等)
    • チボロン
    • ゼラノ-ル
    • ジルパテロール
    このセクションにおいて、 *「外因性(exogenous)」とは、通常、体内で自然につくられない物質に対して用いる。 **「内因性(endogenous)」とは、通常、体内で自然につくられる物質に対して用いる。

    Notes

    このセクションにおいて、
    *「外因性(exogenous)」とは、通常、体内で自然につくられない物質に対して用いる。

    **「内因性(endogenous)」とは、通常、体内で自然につくられる物質に対して用いる。

  • S3. ベータ2作用薬

  • すべてのベータ2作用薬は、関連するすべての光学異性体(例えば、d体およびl体)を含めて禁止される。 但し、下記は除く:
    • 吸入サルブタモール(24時間で最大1600μg);
    • 吸入ホルモテロール(24時間で最大投与量54μg);および
    • 吸入サルメテロールが製造販売会社によって推奨される治療法
    尿中のサルブタモールが1000 ng/mL、あるいは尿中ホルモテロールが40 ng/mLを越える場合は、治療を意図した使用とはみなされず、管理された薬物動態研究を通してその異常値が上記の最大治療量以下の吸入使用の結果であることを競技者が立証しないかぎり、違反が疑われる分析報告として扱われることになる。
  • S4. ホルモン調節薬および代謝調節薬

  • 以下のホルモン調節薬および代謝調節薬は禁止される。

    1. アロマターゼ阻害薬としては、以下の物質があるが、これらに限定するものではない:

    • 4-アンドロステン-3, 6, 17-トリオン(6-オキソ)
    • アミノグルテチミド
    • アナストロゾール
    • アンドロスタ-1, 4, 6-トリエン-3, 17-ジオン(アンドロスタトリエンジオン)
    • エキセメスタン
    • ホルメスタン
    • レトロゾール
    • テストラクトン

    2. 選択的エストロゲン受容体調節薬(SERMs)としては、以下の物質があるが、これらに限定するものではない:

    • ラロキシフェン
    • タモキシフェン
    • トレミフェン

    3. その他の抗エストロゲン作用を有する薬物としては、以下の物質があるが、これらに限定するものではない:

    • クロミフェン
    • シクロフェニル
    • フルベストラント

    4. ミオスタチン機能を修飾する薬物としては、以下の物質があるが、これらに限定するものではない:ミオスタチン阻害薬

    5. 代謝調節薬:

    5.1  AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)の活性化薬(AICAR等);ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体デルタ(PPARδ)作働薬(GW1516等);
    5.2  インスリン類およびインスリン模倣物質;
    5.3  メルドニウム;
    5.4  トリメタジジン
  • S5. 利尿薬および隠蔽薬

  • 以下の利尿薬と隠蔽薬、および類似の化学構造又は類似の生物学的効果を有するものは禁止される。

    以下の物質が禁止されるが、これらに限定するものではない:
    • デスモプレシン;プロベネシド;血漿増量物質[グリセロール、および以下の物質(アルブミン、デキストラン、ヒドロキシエチルデンプン、マンニトール)の静脈内投与等]
    • アセタゾラミド;アミロリド;ブメタニド;カンレノン;クロルタリドン;エタクリン酸;フロセミド;インダパミド;メトラゾン;スピロノラクトン;チアジド類(ベンドロフルメチアジド、クロロチアジド、ヒドロクロロチアジド等);トリアムテレン;バプタン類(トルバプタン等)
    但し以下のものは除く:
    •   ドロスピレノン、パマブロムおよび眼科用に使用される炭酸脱水酵素阻害薬(ドルゾラミド、ブリンゾラミド等)
    • 歯科麻酔におけるフェリプレシンの局所投与
    常に(競技会(時)および競技会外)、あるいは競技会(時)それぞれの場合に応じて、利尿薬もしくは隠蔽薬とともに、閾値水準が設定されている物質(ホルモテロール、サルブタモール、カチン、エフェドリン、メチルエフェドリン、プソイドエフェドリン)がいかなる用量でも競技者の検体から検出される場合は、競技者に対して、利尿薬もしくは隠蔽薬に加え、閾値水準が設定されている物質についても治療使用特例 (TUE)が承認されていない限り、違反が疑われる分析報告として扱われることになる。
  • フェンエチルアミンおよびその誘

もし物質や方法がこの禁止表で明確になっていない場合、当該物質あるいは方法が、禁止表に定められているカテゴリーに該当する関連物質あるいは方法として禁止されていないか、自身のアンチ・ドーピング機構に必ず確認して下さい。

世界アンチ・ドーピング規程の4.2.2条に従い、すべての禁止物質は「特定物質」として扱われる。但し、禁止物質S1, S2, S4.4, S4.5, S6.aおよび禁止方法M1, M2およびM3は除く。